■  かつらについて



円形脱毛症の治療として、欧米では、プロペシアという抗テストステロン剤の内服治療が普及しています。また、開発中のデュダステライドという抗テストスレロン剤が臨床試験に入っており、今後の高い効果が期待されているようです。しかし、こうした薬による治療は、長い期間がかかるものです。

円形脱毛症となった場合、治療の間、外出時など、気分が憂鬱になるものです。こうしたとき、人目を気にしなくてもすむよう、かつらで対応するのも一つの方法でしょう。かつらでも、円形脱毛症のためのかつらが、いろいろなメーカーで製造されています。円形脱毛症の治療で大切なのは、ストレスを取り除くことです。かつらで、日ごろの憂鬱さを解消するのもよいかもしれません。

円形脱毛症のためのかつらは、医療用であり、治療中でも使用できます。ストレス解消につながることから、医者から薦められる場合もあります。医療用かつらの中には、患部をケアするようにできているものもあります。医療用はほとんどオーダーメイドなので、皮膚の弱い方・アレルギーの人でも、一人ひとりの状態に合わせて作ることができます。

かつらでも、いわゆるウイッグと呼ばれる、部分かつらは、気になる部分だけを手軽に隠すことができ、いつものスタイルを簡単に再現できます。医療用かつらの場合、購入前に事前のカウンセリングを受けることで、どのような医療用かつらを選ぶべきか、試用期間はどの程度なのかがわかります。またカウンセリングを受けることで、治療による抜け毛の症状の精神的な負担が軽くなったという人も多いようです。



>> 円形脱毛症専用の頭髪ケア登場!まずは無料資料請求♪
  

■ 本サイト人気コンテンツ

★ 様々な原因の種類
★ チェックすべき症状
★ 子供の円形脱毛症
★ 様々な治療法
★ 漢方治療について