■  病院治療について



円形脱毛症は、ストレス解消や、食生活の改善などが基本ですが、どうしても回復しない場合、症状がひどくならないうちに、病院で専門的な治療を受けるのが良いでしょう。円形脱毛症は皮膚科で治療してもらえ、保険の対象にもなります。病院によっては、頭髪治療専門の課を設けているところもあります。こうしたところで、まずはきちんとカウンセリングを受けることでしょう。

症状に応じて、ぬり薬の適用や、内服薬の処方、外的治療を行ってもらえます。皮膚科では、医療用脱毛症治療薬として、フロジン液(塩化カルブロニウム5%)が処方されます。市販の育毛剤に入っているものもあります。この成分には、血管を拡張する作用があり、血行をよくしてくれます。ステロイドもよく用いられる薬ですが、副作用の問題もあるので、意思の指示に従い、様子を見ながら使用していきます。円形脱毛症の初期の段階で、ステロイドは、塗り薬だけではなく、注射や内服薬としても使用されます。

円形脱毛症には、いくつかの治療方法がありますが、一般的によく用いられるのは、ドライアイス療法(冷凍療法)や液体窒素療法です。ドライアイス又は液体窒素を患部につけ、軽い火傷を起こすことで、リンパの毛根攻撃を他の部分に向けさせる方法です。この治療は効果が大きく、70%程度の人に発毛の効果が現れるそうです。

局所免疫療法も効果があるとされています。SADBE、DPCPというかぶれを起こしやすい化学物質の溶液を7〜14日に一度、脱毛を起こしている部分に塗って、軽い皮膚炎を発症させるものです。現在、一番安全な治療法とされているもので、90%以上の有効率となっています。PUVA療法は、ソラレンという薬を飲むか、脱毛している部分に塗って紫外線をあてる治療法ですが、紫外線の量などが問題となりますので、副作用に注意が要ります。



>> 円形脱毛症専用の頭髪ケア登場!まずは無料資料請求♪
  

■ 本サイト人気コンテンツ

★ 様々な原因の種類
★ チェックすべき症状
★ 子供の円形脱毛症
★ 様々な治療法
★ 漢方治療について