■  チェックすべき症状



円形脱毛症は、ある日突然現れるもので、自分でも気づかず、理美容室で発見されたりします。境目がはっきりしている局所脱毛で、形状は円形とは限りません。また、頭髪以外の症状として、約25%程の患者の爪に、横溝や小さな凹みが見られることもあります。これは、爪は毛髪と同じケラチンというたんぱく質で出来ているので、共にリンパ球に攻撃されるためと考えられています。

重症の場合、全身的に脱毛し、眉毛・睫毛や体毛なども脱毛することがあります。円形脱毛症かどうかは、脱毛斑の位置、大きさや形はどうか。頭皮にむくみがあるか。脱毛部の毛孔に黒い点々があるか。抜け毛の毛根部の様子はどうか。こうしたところを観察することで、症状が深刻かそうでないかが見えてきます。

 ・頭皮にむくみがある。
 ・脱毛部の毛孔に、黒い点々が見える。
 ・脱毛部の陥没が深い感じがする。
 ・脱毛部の周囲の毛を引っ張ると簡単に抜け、痛みも殆どない。
 ・抜け毛の毛根部が極端に萎縮し、細く尖ったり、切れ毛
  などが見られる。
 ・耳の後ろまで脱毛がある。
 ・症状が長引き、脱毛が広がっている。

こうした症状が目立つようになれば、円形脱毛症が進行している可能性があるので、専門家のアドバイス、治療を受けた方が良いでしょう。

円形脱毛症は、早めに気づき、適切なケアを行えば、比較的回復しやすいものです。生活習慣を改善しホームケアを行ってください。予防としては、ストレスをためない健全な日常、バランスよい食事が基本となります。円形脱毛症の症状が見られても、ケアを行うことで、脱毛部分の中央に短く細い毛が生えているのが見られれば、回復に向かっている兆候です。



>> 円形脱毛症専用の頭髪ケア登場!まずは無料資料請求♪
  

■ 本サイト人気コンテンツ

★ 様々な原因の種類
★ チェックすべき症状
★ 子供の円形脱毛症
★ 様々な治療法
★ 漢方治療について