■  ストレスとの関係



円形脱毛症は、10円玉硬貨ほどの大きさになって気づく人が多いことから、昔から「10円はげ」と呼ばれてきました。20〜30代の若い人で発症する人も多く、また、比較的女性に多い脱毛症というのも特徴です。円形脱毛症は、最近悩む人が増えているようで、これは、現代のストレス社会を反映しているのかもしれません。

円形脱毛症の原因はいろいろと説がありますが、一番大きいのは、ストレスとされています。このため、頭に小さなハゲが生じた場合、早いうちから、対処した方が良いでしょうが、まず、自分のストレスについて、2〜3ヶ月前から、ストレスがたまる原因がないか、振り返ってみることでしょう。ストレスが円形脱毛症を引き起こしす理由は、胃潰瘍や十二指腸潰瘍などになってしまう人と同じケースのようです。

ストレスで頭皮や胃腸などの粘膜の組織に異常が起こることで、髪の毛が抜け落ちてしまったり、胃腸の粘膜に穴が開いてしまったりするのです。最近、生活環境が変わっていないか、仕事のこと、人間関係などで、トラブルがないか考えてみて、思い当たるようだったら、こうしたところを改善すべきでしょう。しっかりと睡眠をとり、体と頭を十分にリラックスさせることです。

スポーツ、趣味などにも打ち込んで、ストレス解消の方法を見出すのも良いでしょう。ストレスによって発症した場合、ほとんどは、6ヶ月程で自然治癒するようです。なかなか自分だけでストレスの解消ができないという場合、精神的な問題も含まれますので、カウンセリングなどを受けてみるのも良いでしょう。



>> 円形脱毛症専用の頭髪ケア登場!まずは無料資料請求♪
  

■ 本サイト人気コンテンツ

★ 様々な原因の種類
★ チェックすべき症状
★ 子供の円形脱毛症
★ 様々な治療法
★ 漢方治療について