■  治療法は?



円形脱毛症はまだ原因が特定されていないことから、根本的な治療法も確立されていないのが現状です。現在行われている代表的な治療法としては、外用剤・化学薬品の使用、冷凍療法、紫外線療法、温熱刺激・非特異的刺激療法などがありますが、個人の症状に応じて適切な方法を選ぶことが第一です。

現在行われている治療法は様々であり、局所的な治療のみで短期間に完治する場合や、全身に渡る治療を施してもなかなか効果が現れない場合もあります。円形脱毛症はストレスによるものが大きいので、まず、ストレスを解消することで、完治するケースも大きいものです。これに、回復を多少早めるために副腎皮膚ホルモンの外用や、グリチルリチンの内服を行う場合もあります。症状が深刻だと、専門家の治療を受けることになります。

ステロイドによる治療がポピュラーですが、脱毛部に局所的にステロイドを注射するという方法だと、局部的にしか再生しないようです。このため、広範囲で円形脱毛症が発症している場合、ステロイドの効果はあまり期待できないようです。内服する事も出来ますが、ステロイドを数ヶ月以上内服し続けると、糖尿病などの副作用がおきることがあります。

雪状炭酸圧低療法は、ドライアイスを脱毛部分に1秒くらい軽く当てて冷却する治療の方法で、1,2週間に1回のペースで行います。これは、結構効果があるようです。かぶれ療法は、SADBE、DPCPなどの化学物質を頭部に塗り、人工的にかぶれを作り出す治療法です。症状や型により、治療にはかなりの期間の通院が必要になることも多いようですが、まず、根気よく通い、治療を続ける姿勢を持つことも必要でしょう。   



>> 円形脱毛症専用の頭髪ケア登場!まずは無料資料請求♪
  

■ 本サイト人気コンテンツ

★ 様々な原因の種類
★ チェックすべき症状
★ 子供の円形脱毛症
★ 様々な治療法
★ 漢方治療について